物販の独学は可能?コンサル付き情報商材はお得なのか?

結論を先に言えば、物販もアドセンスもアフィリエイトもすべて副業で独学で学ぶことは可能です。

しかし、個人のスキル、経験、知識量などにより大きく異なります。

その根拠は、どんなサービスでもいえる事です。

物販独学は大変 医大受験専門予備校

物販独学は大変 東大合格者が多い難問校

物販独学は大変 模試トップの成績を取る独学者

物販独学は大変 ほぼ家で教科書も開かない独学タイプ

物販独学は大変 塾も家庭教師も使わないで一度聞けば忘れない天才系

私もいろいろな人を見てきましたが、やはり世の中すべての人が同じやり方で同じ学力や知識を身につけるという方法はないと思っています。

どんなにレベルが高くても、習う必要のない人とならわないとついていけない人がいます。

法人向けコンサルティングを行う私もこの点はリアルなビジネスを見て肌で感じています。

それぞれの分野で金銭的な余裕がある企業でも独学でWebマーケティングについては学ぶ時間や労力を費やす気力がない。

結果、このようなタイミングの人が習いたいと思ってもなかなかスキルは身につかないのです。

どんなサービスを利用するとしてもしないとしても結果的に自分のモチベーションや学習スタイルが最初の決め手になると思います。

今回の記事では、以下の目次でご案内しています。

物販初心者がハマるポイントと挫折

物販の情報商材は古い?おすすめは嘘?

物販で初心者が成長するために必要なこと

物販初心者がハマるポイントと挫折

初心者の中には、情報弱者と呼ばれる人達も含まれます。

情報弱者とはどんな人?特徴や被害者にならないための対処法

よくある挫折の原因

  1. メルマガ無料登録を行う
  2. 読者限定の案内を受け取る
  3. コンサルの案内が来る
  4. コンサル受講をしない人向けの教材案内を受け取る

こんな流れで情報を鵜呑みにして、レベルの低い情報商材やコンサルを受けてしまう人が多い。

別に、学びたいと思えば勉強代と思って支払うことは悪いことではない。

しかし、「何にお金を出すのか?」をもう少し理解をすることが大切。

物販とは何か?

この問いにさえ、まともに答えないような人からは、何も得られる情報はない。

レベルの低いコンサルの典型例

以下の点を必ず確認しましょう。

物販独学は大変 「物販とは」の説明が薄い、ない

物販独学は大変 ネットマーケティングについての概要の理解が浅い

物販独学は大変 商標キーワード+口コミ、評判が絶対であると信じ込んでいる

物販独学は大変 レビューは商品案内ページのコピペで大丈夫と思い込んでいる

物販独学は大変 質問に答えない

物販独学は大変 根拠を提示しない

このような点を見抜くことが重要。

こうした点を意識することが出来なかった人ほど、騙された、詐欺だと思い込みを軸として嘆くのです。

 

物販の情報商材は古い?おすすめは嘘?

そもそも情報商材とは何か?

それ自体に金銭的な価値を設定されて売買されるもの。

「ある目的を達成するための方法」を指すことが多い。

しかし、その情報はいつまで有効な手段なのか?

この疑問を多くの人が抱くことなく、その場の勢いで購入していることが多い。

「いつまで」とはどういうことか?

この答えは、Google検索上位表示のために必要なアルゴリズムアップデートへの対応。

2017年、2018年、2019年、2020年、2021年、2022年と毎年必ず検索エンジンの仕組みが更新されています。

この仕組みを過去の情報は予測しているわけではありません。

そもそも情報商材は過去の成功事例を参考に作られた手法。

よって、この先もその当時のデータの通りにうまくいくという前提ではないのです。

あくまで昔は上手くいったので参考にしてくださいねと言っているだけの情報なのです。

私は、常にリアルなビジネスの中で、SEO対策を企業向けに提供しています。

この時にも基本的には情報発信の配信先が重要になっている。

セールスやコンサルを提供することを目的とする案内は見ない。

そうではなく、質と精度にこだわった情報発信を行っている情報だけを集めています。

 

物販で初心者が成長するために必要なこと

 

一定レベルの知識や読解力を身につける。

掘り下げる視野の拡大を常に意識する。

上記2つは絶対必須。

物販はWebにおけるビジネスです

アフィリエイトでうまくいくようになるには?

この答えの本質的な部分を調べるなら、Webマーケティングを学ぶことが重要になります。

仕入れて売るのが店舗やせどり、転売ヤー。

しかし、商品の在庫を抱えず紹介のみを行うのがアフィリエイター。

この立場の違いが、それぞれの役目ややるべきことの違いを生み出している。

  • セミナーや懇親会、交流会、オンラインコミュニティの参加者を集う会社
  • 本や書籍を販売する会社
  • 資料請求など対面の手前までを助けてほしい会社

それぞれ目的によって、やってほしいことは異なります。

これらを全て同じコンサルで教えることは無意味。

それぞれの分野やターゲット、見込み客の知識量などに応じて戦略を変える必要があります。

初心者向けとは何か?

最後に見極めるべきポイントは、「初心者向け」という調べ方。

これは一種の情報弱者の典型例だと思ったほうがいい。

相手が「初心者」と自覚している。

この時点で、いいカモにされることが前提です。

分からなくて恥ずかしいとか自分の立場を公開することで敷居を下げてもらおうとするのはレベルが低すぎます。

そうではなく、インプットをしている最中にどうやって検索をしても情報がまとまらない。

このような段階が本来、独学を卒業する時期と言えるのです。

必要な情報は基本的には開示されている。

しかし、その中にあるヒントやポイントを理解できない。

これがビジネスが上手くいかない人の特徴です。

結果、お金儲けや楽をして金を稼ぐというスタイルでインプット先行をしている人はほとんどが上手くいきません。

だからこそ、副業の実践者の中で、インターネットビジネス系は9割が脱落するのではないでしょうか?

本来はどの分野でもブログもYouTubeもビジネスとして成り立っている。

この仕組みを理解しようとしていない時点で、報酬に値する活動をしていないのです。

こうした基本をきちんと教えるための個人コンサルを私は行っています。

そして、私の行うコンサルは、基本的に無期限です。

その理由は、将来のSEO対策に対してもずっと対応してあげたいと思っているからです。

あなたがもし真剣に真面目に諦めずにやり切る覚悟があれば、いつでもご参加ください。

アフィリエイト個人コンサル生募集|無期限SEO対策指導,料金

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です