情報弱者とはどんな人?特徴や被害者にならないための対処法

最近、こんな言葉をネット上によく見かけませんか?

  • 「情報弱者を食いものにしている」
  • 「情弱」だから

なんとなく情報に疎いとか弱いというイメージは伝わってくる。 でも実際には、「情報弱者」とは何かを理解していない人も多い。

「情報弱者の定義

 

  • 以下のように、紹介されている。
  • 情報の入手や利用について困難を抱える人のこと。
  • 用語としては、侮辱語、罵倒語に該当する。
  • 情報弱者の典型例

     

以下のような対象が挙げられている。

対象者 低所得者

対象者 高齢者

対象者 障碍者

対象者 外国からの移住者

対象者 情報環境のインフラが遅れた地域に住む住民

 

情報弱者の特徴

例えば、以下のような悩みを抱えるケースが多い。

特徴 情報の探索が苦手

特徴 評価のための基礎的な知見や能力が乏しい

特徴 情報機器の基礎的な理解、創さが困難

特徴 危機の入手が困難

特徴 通信回線等の情報インフラが貧弱

 

さらに、情報をどのようにキャッチしているのか?

そして、どのように活用するのか?

紺プロセスについてご紹介していきます。

【五感と知覚の割合】

非との認識は、以下のような割合で情報を吸収している。

五感の種類 割合
資格 83%
聴覚 11%
嗅覚 3.5%
触覚 1.5%
味覚 1%

 

つまり、「見た目が8割」などの言葉は、こうしたプロセスの割合から誕生している。

目にするもののインパクト

文字や映像

こうした情報がキャッチしにくい障がいを抱える方向けのサービスが普及することも大切。

しかし、五体満足で生きている人でも、情報を取得する際には、「インパクト」ばかりに目を奪われる人は多い。

例えば、

視覚的効果 キャッチコピー

視覚的効果 サイトのデザイン

視覚的効果 使われているフレーズ

視覚的効果 YouTube等で目にする声の大きさ、口調、速さ等

視覚的効果 話の内容

視覚的効果 言葉の意味

上記のような情報が蓄積して理解を深める人は多い。

音声言語が不得意な人が多い?

 

音声言語が不得意な人が多いの割合は、100人に一人とも言われている。

もし耳から入る情報が、全く言語が不明ならどうなるでしょうか?

その言葉の意味も次の行動もいろいろと困ってしまう。

もしこれが、会社の上司からの口頭の内容なら、それが命令なのか、指示なのか、相談なのか?なども不明になってしまう。

そのまま放置すると、結果的に自分の立場が危うくなったり、給料が下がる要因につながる。

つまり、見た目に伝わる印象の次に理解をしなければいけないのは、「相手の発する言葉(音声)に含まれる言語に対する理解」である。

では、情報通信技術を使う現代において、インターネット(Webサイトやブログ)やテレビ等のメディアからの情報を所得する際には、どのようなことを意識しておくべきなのか?

情報弱者にならないためには?

どうすれば、自分の知識を正確に身につけることができるようになるのか?

この小手として、意識してほしいポイントを解説していきます。

活字による情報では見出しを見る

テレビのニュース番組

Yahooトピックス

楽天Infoseek

MSN

情報サイトはさまざまな形で存在しています。

しかし、Webでも雑誌や本でも必要なことは、必ず見出しに書かれていることが多い。

Yahooのトピックスなどはその代表的な存在といっていいと思います。

まずは、情報を自分で取得するには、まず見出しから注意してみていくことが大切。

その印象があれば、関心も高まる。

すると、内容も意識して頭に入れるようになるでしょう。

不明な単語は調べる

 

不明な単語がいろいろ出てきた時にはそのまま放置するのは危険。

なぜか?

文章というのは、キーワードの集合体である。

結果的に、1つでも意味を間違えてしまうと、文章全体の解釈が変わってしまう。

よって、わからない言葉があったら、必ず確認をすることが重要になります。

キーボード入力が大変な時には、スマートフォンやタブレットでも内蔵されている「音声認識検索」を利用することが大切。

検索を始めると、結果的にネットサーフィンをしてしまう人も多い。

しかし、必要な言語をきちんと理解せずに次の記事を読むという習慣をやめることも弱者にならないためには必要なこと。

YouTubeとブログを使い分ける

情報は主に視覚的に捉えることが多い。

この理屈を考えると、検索するにも「検索ワードがわからない」となっては、その場で情報の取得は達成できない。

出は、どのようにすれば、自分の欲しい情報にたどり着くことができるのか?

この対応として、まずは、「Sharingcomy」「AI」を活用することも重要になります。

海外発信のコンテンツ

英語の勉強を兼ねる

たった数分でも自分の知的胃好奇心を掻き立てる口調や声質の人を探し出すこともできるようになります。

例えば、学生時代に、学校の講義を受ける時、苦手な先生と好きな先生が分かれました。

この二人は何がそこまで違ったのか?

対象として、多くの人が簡単にあげるのが以下のような内容。

独学 字がキレイ(読みやすい、サイズ、自体等)

独学 聞き取りやすい声の質、大きさ、高さ

独学 話す口調が優しい、面白い、インパクトがある

独学 話のネタがおもしろい

独学 黒板の使い方がうまい

 

このように、体系的に自分の中に情報を取り入れやすい環境を多くの人が体験しています。

同じように、基本は、分かりにくい時には違う人の似た動画を見てみる。

この繰り返しにより、自分の耳に入りやすい対象を見つけると効率が上がります。

大人からの学び直しに必要な習慣化

学校や高額塾、コミュニティ、サロン、個人コンサルを受けない。

「独学」で本当に必要な知識を身につける。

このようなことがインターネット上の知識で可能なのか?

この答えは、内容や条件によって、大きく異なる。

防止 思い込みが邪魔をする

防止 不安を抱えたまま取り組む人

防止 自分の間違いを自分で気づく人

防止 焦点を絞って学習する人

防止 途中なのに次から次に新しいことが気になる人

防止 勉強したいという興味関心、意欲の持続性

 

以上のような点を比較すると、全く違う。

例えば、一般的に興味関心が多い人が集まるのが、英会話。

どの分野にも、基本や基礎があります。

その基礎を適当に聞き流して、中級、上級に進もうとする人は多い。

結果、独学で学べる環境が整っていても、その流れを無視するため、上手くいかない。

スマホは使い方次第

 

聞き流すために使う。

読むために使う

思い出すために使う。

主な用途は上記の3つになると私は伝えています。

つまり、聞き流すことで基本の情報を入れる事を習慣化する。

そして、読む時には、1冊の本を熟読する。

さらに、自分の頭に記憶するために、メモなどに気になるキーワードを残す。

このように活用することで、これまでのアナログ時代によりもさらに効率的に学ぶことができる。

ただ単に参考書やマニュアルなどを購入して満足するノウハウコレクターにならないためにはまずは自分のやるべき事を絞って、徹底的に基礎から学ぶことが大切です。

参考資料

IT用語辞典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です